ベンツのSUVの新型のGLAとGLCの価格?中古と7人乗りと二宮和也とディーゼル?

スポンサーリンク

 

どうも!今回はベンツのSUVについて見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

ベンツのSUVの新型のGLAとGLCの価格?

 

さて、今はクーペの発売の話題でもちきりのメルセデスベンツですが、こちらも忘れてはならないSUVの新型について見ていきたいと思います!まずは、ベンツシリーズのなかのSUVの最上位に位置するGLについて。

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.24.22

 

他のSUVとは一線を画す風格が感じられますね〜ちなみにベンツの公式サイトではこのように紹介されています

スポンサードリンク

 

地上の頂点に立つ、ファーストクラスSUV

 

地上の頂点て!メルセデスのこのモデルに対する自身が感じられますね。価格は1,000万円からということで値段も頂点ですね〜。ちなみにGLクラスの詳細がこちら

 

最上のステータスを求める方にこそふさわしい、ファーストクラスのクオリティ。
さらなる洗練を手に入れた迫力のフォルム。
ラグジュアリーを極めた広大な室内空間。
そして、あらゆる道を思いのままに快適に走破する、頂点にふさわしい走行性能。
新たに、パワーと環境性能を高い次元で両立したGL 350 ブルーテック 4MATICをラインアップ。
GLが、また世界のプレミアムSUVをリードする。

 

私が特にいいなと思ったのは、SUVに欠かせない室内空間の充実ですね。その詳細がこちら

 

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.28.40

 

フロア長1,932mmはかなりゆとりを感じれますよね!

 

次にGLAについて。GLAは価格351万円〜でGLに比べるとかなり買いやすいお値段になっていますね。

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.49.54

 

クーペを彷彿させるスタイリッシュなデザインを持ちながら、特徴的なパワードームを備えた立体的なボンネットやSUVならではの大胆なフェンダーアーチ、ルーフレールを備えた魅力的で力強いGLAのスタイリング。
明確に定義されたボディラインは、パワーと均衡、そして大胆さを表現しています。
さらに、静粛性や燃費性能にも優れ、セグメント最高水準のエアロダイナミクス(Cd=0.29)を達成しています。

 

確かにSUVモデルのなかでもクーペに近いかなりスタイリッシュな形に仕上がっていますよね。クーペのような形が好みで、かつスポーティーな仕様を好む方にとってはたまらない一台なんではないでしょうか。さらにインテリアもかなりこだわっていますね

 

エクステリアと見事に呼応するインテリアは、大きく立体的なトリムをあしらった2層デザインのダッシュボードと細部までこだわって仕上げられたディテールが目を引くばかりでなく、上質な風合いを持ったシボ加工がインテリア全体の質感をより一層高め、魅力的な雰囲気を高めています。
また、全車に採用されたスポーツシートにより、優れたサポート性を発揮し、快適なドライビングが楽しめます。

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.46.07

 

2層デザインによりかなりスタイリッシュになっていますね。見た目にこだわる方にとっては外観も内装も大満足の一台になりそうです

 

最後にGLCについて。GLCは価格628万円〜と上記の2モデルの中間ですね

スポンサードリンク

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.55.50

 

一般的なオフロードデザインよりも短いオーバーハング、ツインルーバーとセンターにスリーポインテッドスターを配した垂直な立体的ラジエーターグリルなどを採用した、
最新のメルセデスデザインを踏襲するスポーティでダイナミックなエクステリアデザイン。

 

さらに、GLCのもつ利点のなかで私がもっともいいなと思ったのがこちら

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.57.05

 

GLCは、ゆとりの居住空間とラゲッジスペースを確保しながら、全長4,660mm*2、全幅1,890mm、全高1,645mmのコンパクトなボディサイズを実現。大きく切れるステアリングによって最小回転半径は5.7mを達成しています。
さらに、自車を真上から見ているような映像で車両周辺の状況が直感的に把握できる360°カメラシステム、車両の周囲が見やすい広いガラスエリア、ショートオーバーハングによって、優れた取り回しを可能にしました。
都市の住宅地や繁華街、狭い駐車場などでも快適に運転することができます。

 

見た目だけでなく、機能性も重視するかたにとっては非常に満足できる一台に仕上がっていますね。日本は特に道路や空間が狭いのでこのような機能はとても重宝されるのではないでしょうか!

 

中古と7人乗りと二宮和也とディーゼル?

 

さて、そんなSUVクラスにも中古で買おう!という方は大勢いるわけですが、中古はあまりに数が多すぎるため最安のものを紹介させていただきます。それがこちら

 

スクリーンショット 2016-04-09 21.07.39

 

Mクラスで本体価格はなんと29万円!!1999年式、走行距離は8.9万キロ。私は形がなんともいえないので、今回は見送らせていただきます!w

 

次にベンツのSUVといえば外すことのできない話題ディーゼルエンジンについて。

 

メルセデス・ベンツが7人乗りラージSUV「GLクラス」のディーゼルエンジン搭載モデル、「GL350 BlueTEC 4MATIC」の日本仕様を発表

 

スクリーンショット 2016-04-09 21.17.28

 

そのディーゼルエンジンに対するレビューがこちら

 

7人乗り、フルサイズ、そしてSUVと、重量級の代表格的性格のGLクラス今回追加されたディーゼルモデルは、これまで販売していた4.7Lガソリンツインターボモデル「GL550」より、車重がさらに40kg重い。それなのに燃費は、ガソリンモデルの8.1km/Lから、ディーゼルモデルは11.4km/Lと大幅にアップ。この燃費値は、5人乗りで680kg軽い下位モデル「GLKクラス」の燃費11.7km/Lとほぼ同じ。メルセデスが得意なディーゼルエンジンの性能の高さがわかる

 

概ね評判も上々のようですね!SUVのネックである燃費の悪さを技術で乗り切るメルセデスはさすがというほかないですね!

 

最後に嵐の二宮和也さんの話題について。ベンツのSUVを検索すると二宮さんが出てきますが、その原因がこちら

 

人気グループ「嵐」の二宮和也(26)が4日午後0時半ごろ、東京都目黒区で乗用車を運転中、自転車で走行していた30歳代女性と衝突事故を起こした。女性は左足を打撲して近くの病院に運ばれ、全治2週間の軽傷と診断された。二宮にケガはなかった。メンバーの松本潤(26)も今年2月に自動車事故を起こしたばかりとあって、所属のジャニーズ事務所はグループ5人全員に、年内いっぱいの運転禁止を言い渡した。警視庁目黒署などによると、4日午後0時半ごろ、二宮が運転するベンツが、目黒区中目黒1丁目の信号機のない交差点に徐行運転で進入した際、右側から直進してきた自転車と出合い頭に衝突。自転車に乗っていた女性は左足を打撲し、全治2週間の軽傷を負った。二宮にケガはなく、同乗者はいなかった。事故現場近くに居合わせた女性(30)は「悲鳴のあとに急ブレーキの音が聞こえ、ボンという音がした」と証言。別の目撃者によると、衝突直後、二宮は交差点で倒れて動けなかった女性を、ほかの男性の手を借りて2人で安全な沿道に動かしていた。警察の実況見分にはキャップにマスク姿で立ち合い、「落ち着いた様子に見えた」という。記事によると、乗っていたのはメルセデスベンツ。『週刊女性』(6・22号)によると「SUVタイプ」とのこと。

 

被害に遭われた方は無事だったということで、なによりです。事故については今後気を付けてもらうとして、それにしても二宮さんいい車に乗っていますね!

 

スポンサードリンク

今回はSUVについて見てみましたが、ベンツのSUVもいつかは乗ってみたい車の一つですね!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました