Gacktの現在の愛車はジャガー?本名と卒アルと年齢と韓国と学歴?

スポンサーリンク

 

今回は、歌手として活躍する

Gacktさんについて

見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

GACKT

別名 神威楽斗(かむいがくと)

1973年7月4日生まれ

沖縄県出身

 

CAINS:FEELやMALICE MIZERといったバンドでヴォーカルやドラムスとして活躍していましたが、1999年にシングル「Mizerable」でデビューしました。それ以降、ベストアルバムをリリースした2013年以外は毎年新曲を発表。

 

 

今までにCDシングル47枚とアルバム19枚をリリースし、日本での男性ソロアーティストの『オリコンシングルランキングTOP10獲得作品数』で首位を記録しています。

 

また、ソロデビュー後も2007年からX JAPANのYOSHIKIさんらとV系バンド「S.K.I.N.」を、2010〜2012年にもLUNA SEAの真矢さんらとV系バンド「YELLOW FRIED CHICKENz」を組むなど、バンドでも精力的に活動しています。

 

また俳優としても活躍していて、2007年に大河ドラマ「風林火山」で重要な役どころである上杉謙信を演じ、2010年にはハリウッド映画「BUNRAKU」で準主役を務め、実力派俳優としても名を知られるようになりました。

 

 

それから現在まで様々なドラマ、映画、吹き替えなどで活躍しています。自身が原作、脚本、演出、主演を務める舞台「MOON SAGA」シリーズを成功させるなど、多岐にわたって才能を発揮しています。

 

スポンサーリンク

現在の愛車はジャガー?

 

GACKTさんといえば、まず思いつくのは華やかな私生活という方が多いのではないでしょうか?それを象徴するのが、GACKTさんの愛車です。特に話題になったのは、ランボルギーニ アヴェンタドール アニヴェルサリオ。

 

 

ランボルギーニが創業50周年を記念して作った、2013年の上海モーターショーで発表されたモデルです。なんとこちらは特別モデルとあって世界で200台しか生産されず、日本で購入できるのはわずか3台!

 

GACKTさんはこの3台をゲットすることはできませんでしたが、ここで諦めるGACKTさんではありません!なんとヨーロッパで購入して持ち帰ってきたんです!実はGACKTさんはランボルギーニ好きで、それまでに何度もランボルギーニの新車を買っていたそう。その実績もあって購入できたそうです。

 

お金だけでなくそんな大きなコネクションまで持っているなんて、さすがGACKTさんですね。そうして購入した限定モデルのお値段はなんと…55,988,100円!しかし、驚くのはまだ早いです。ここからGACKTさんは2年半をかけて大がかりなカスタマイズを施しました。その結果、総額1億円ほどになったそう!そうして完成したのがこちら!!

 

 

これはもう、GACKTさんにしか乗れないですね…wwもとは白だったはずのボディはゴールドと黒になっており後ろにはウィングも付けてあります。また内装もシートをイエローに変えるなどド派手に改装してあり、シートには自身のサインもあるようです。

スポンサードリンク

 

 

かなりこだわってカスタマイズされています。しかし、このランボルギーニがなんと中古車サイトで売りに出されていることが判明しました。値段は約6000万円。

 

ネットでは、金銭的に困っているのか?恥ずかしくて乗れなかったので?マネーロンダリングが目的では?など様々な憶測を呼びました。では、貴重なランボルギーニを手放した本当の理由は何だったのでしょうか?GACKTさんはブログでこう語っています。

 

「だが、 この車は残念なことに東京に全く合っていない。この一流の車に東京が追いついていない・・・。そう言っても過言では無い。止める場所もなければ入れない場所も多い。これ程の国が、バレーパーキングすら持ってないホテルが殆どで、呆れて言葉が出ない。サービス国家だった日本の進化は、 一体何処で止まってしまったのか?」

 

「この一流の車に東京が追いついていない…。」というのが、なんともGACKTさんらしいですね笑東京ではなかなか乗れないため売ってしまったようです。ちなみにこの車は売れました!売れた後の目撃情報によると、ナンバーは筑豊だったそうで、九州地方の方が購入したようです。さぞかし目立つでしょうね…笑

 

さて、GACKTさんはというと、ランボルギーニを売った後、ジャガーのXJRを購入。こちらもまた外装の色を変え、オプションも付けたようです。確かにこちらの方が普段から乗りやすそうですよね笑

 

 

本名と卒アルと年齢と韓国と学歴?出身地と国籍と滋賀?

 

こんな一般人とはかけ離れた現在44歳のGACKTさんですが、本当はどんな人なのでしょうか?まず、本名は「大城学(おおしろ がく)」 さんだそうです。

 

出生時は岡部学さんだったようですが、ミュージシャンとして活動するようになってから両親が離婚。お母さんの姓である大城になりました。ちなみにお母さんは美容師、お父さんはミュージシャンで、姉と弟がいます。

 

そして学というのは最初は「さとる」という読み方だったそうですが、後に「がく」に改名し、芸名もここからきています。幼少期は出身地である沖縄で過ごし、小学生の頃滋賀県栗東市に引っ越しました。

 

一部ではGACKTは韓国国籍で在日韓国人であるという噂が流れていますが、出身が沖縄なので信憑性はあまりありません。端正な顔立ちで、英語、日本語、韓国語、中国語、フランス語が話せるのでそういった噂が出たのかもしれませんね。

 

高校は偏差値69の難関校である滋賀県立守山高校に進学しました。中学時代、勉強は得意ではなかったそうですが憧れの先輩が進学したことから猛勉強して入学したようです。またこの高校在学中からドラムを始めだそうです。卒アルかどうかはわかりませんが、学生時代はこんな感じです。

 

 

目つきが完全にGACKTさんですねwwそして京都学園大学に進学しました。大学在学中はカジノのディーラーやホストのアルバイトをしていました。…この時点ですでにGACKTさんのキャラが確立している感じがしますね笑

 

ちなみに在学中に本格的にバンド活動を始めたため、大学は中退しています。そしてなんと、GACKTさんは実はバツイチなんだそうです!1997年にディーラー時代の同僚だった女性とくらいの時に結婚しました。しかし、GACKTさんのファンからの嫌がらせなどによりすぐに離婚したそうで、子どももいないようです。

 

スポンサードリンク

ということで、今回はGACKTさんについて見てきました。ミステリアスでプライベートが謎に包まれたGACKTさん。実は生い立ちなどを書いた著書「自白」も出版しています。興味のある方は読んでみてくださいね!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました