今田耕司の愛車はマセラティ3200GT?いかつい?画像は?

スポンサーリンク

 

今回は、お笑いタレントで司会もこなされる、今田耕司さんの愛車をご紹介します。まずは簡単な今田さんの経歴から

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-20-16-14

今田耕司さんは、1966年3月13日(50歳)、大阪府大阪市天王寺区の道善寺(本門法華宗)に3人兄弟の末っ子として生まれます。

スポンサードリンク

 

 

1981年、全寮制の日生学園に、入学するも中退、その後、清風高等学校定時制課程に編入、ラーメン屋さんで働きながら学校へ通い同校を卒業、1985年「吉本総合芸能学院」に4期生として入学、程なくして、お笑いタレントのほんこんさんと「ダブルホルモンズ」を結成するが、翌年には解散しピン芸人として活動を始めます。

 

1990年、先輩芸人の「ダウンタウン」を慕って東京へ進出「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演して、全国的な知名度を得ます。その後は、司会、俳優として、テレビドラマ、映画等に出演されて活躍しています。司会者としての地位を確立したのは、軽妙なやり取りで天才と目されていた、島田紳助さんの代役として起用された、「開運!なんでも鑑定団」で、当時のテレビ東京社長に絶賛されて、能力を認められてからのようです。

 

趣味も幅広く、格闘技、漫画、映画、フィギュア収集、ピアノ、掃除を趣味としているようです。漫画に関しては、自宅に漫画部屋と称される、漫画を読むための部屋を持っているほどの漫画愛好家のようです。掃除に関しても、「芸能界随一の綺麗好き」といわれ、2015年には家電メーカー実施の、「ベストクリーニスト賞」を受賞されています。

 

スポンサーリンク

愛車はマセラティ3200GT?画像は?

 

趣味から察するとインドア派と思われる、今田耕司さんが乗られている車が気になりますね!!

 

そんな今田耕司さんの愛車は、世界を代表するイタリアの工業デザイナー・ジウジアーロがデザインした、マセラティ3200GTのようです。ジウジアーロ氏は、いすゞ117クーペなど日本車のデザインも手掛けています。画像がこちら

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-20-17-22
マセラティ3200GT

 

『マセラティ・3200GT』の「ブーメラン」とあだ名された特徴的なLEDテールランプは登場当時賛否両論でしたが、デザインしたジウジアーロは当初3200GTのテールに楕円形のテールランプを提案するも「強い個性が欲しい」というマセラティ側からの強い要望を渋々飲む形でできあがったものであったようです。
ジウジアーロ本人はあまり3200GTの「ブーメラン」を気に入っていないと公言するも、結果的にこのテールランプが3200GT最大の特徴として認知されましたが、3200GTの後期型では扇形のテールランプに変更されてしまいました。

スポンサードリンク

エンジンはマセラティ伝統の90°V8 DOHC 32バルブエンジンを搭載。排気量は名前の由来でもある3.2Lで、ツインターボ(ビトゥルボ)を搭載し、最高出力370HP/6250rpm、最大トルク50.0kgm/4500rpmを発揮しました

 

デザインした方が、デザインした車を気に入ってなかったというのは衝撃的ですねww

 

マセラティ3200GTは、一見すると高級セダンにも見えますが、個人的には、パワフルな感じが初代スカイラインGTR(1969~1972)に似ているな〜と思います。本当はパワフルなのにその姿は高級セダンという、まさに羊の皮をかぶった狼」のような車ですね〜いい意味で!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-20-18-01
初代スカイラインGTR(1969~1972)

 

今田耕司さんも表面的には、穏やかな性格に見えますが、格闘技を趣味とされる一面もあり、「羊の皮をかぶった狼」的な感じが、今田耕司さんと共通する様な気がします!!

 

いかつい?

 

今田さんの車を検索すると、「いかつい」とでてきますが、これはおそらく愛車のことではなく、今田さんが中退した学校のことだと思われます。

冒頭で書きましたが、今田耕司さんは日生学園を中退されています。その高校の先輩に(2年先輩?)「ダウンタウン」の浜田雅功さんがいました。その高校はどのような高校だったのか、ご説明いたします。

 

三重県津市白山町八対野に本部のある学校法人、日生学園。1990年代までスパルタ教育を行っていたことで有名です。学内での暴力事件や寮からの脱走も相次ぎ1985年には、教師によって荒れた学園内の告発が週刊誌に掲載され、社会問題として取り上げられました

 

学校に住み込みで働く先生を教師、通いを講師と呼ぶ、大人である教師も坊主頭で生徒より1時間早い3時起床、生徒が 集まる前に道場(校内では体育館をそう呼ぶ)で心行を行う。教師も教頭から殴られる、個室を与えられ、喫煙、飲酒は構わないがヘタすると生徒よりも厳しい生活をしていたようです。

 

生徒の多くが不良 、問題児だったためか、武道有段者やいかつい教師が多かった。当時生徒間で教師の何人かは教員免許を持っていないとの噂があったようです

 

う〜ん、今田耕司さんが中退されたのも納得がいきますねww
一方、浜田雅功さんは無事卒業されているようです。この3年間の学生生活が、浜田雅功さんの芸風に影響を与えたのではないでしょうか?ww

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-20-36-36

 

スポンサードリンク

ということで、今回は今田耕司さんの愛車について見てきましたが、ご自身の愛車とともに今後も芸能界でもっと活躍してほしいですね!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました