ベンツのCLAのシューティングと新型の評判?Gooの中古と180のLED?

 

2013年の発表以来、好評のメルセデス・ベンツCLAクラス。

これまでは4ドアクーペ (CLA180 & 250、CLA250、CLA45 AMG 4MATIC) のみのラインナップでしたが、

2015年モデルから、スポーティーワゴンの「シューティングブレーク」も追加されました。

 

メルセデス・ベンツのSUVのラインナップの中でも、特に都会的でスタイリッシュなCLA「シューティングブレーク」が気になりますね!

 

スクリーンショット 2016-05-31 21.15.41 スクリーンショット 2016-05-31 21.15.33

 

ベンツのCLAのシューティング?

 

まずは、日本人には、あまり聞きなれない「シューティングブレーク」という車名の由来は?

 

「Shooting Brake」= シューティング「狩猟」+ブレーク(①Brake「抑制する」、②Break「Break in=飼いならす」)

 

という意味のダブルミーニング。語源は1960年代の英国に遡る。簡単にいうと猟銃を積むためのクルマ。狩猟文化の国ならではの車です!そそられますね!

 

新型の評判?180のLED?Gooの中古?

 

そんなCLA「シューティングブレーク」の評判ですが、すこぶる好評のようです。

 

1.スタイリッシュなボディ形状

クーペとハッチバックを合わせたような造形で、ステーションワゴンとも異なります

Cピラーからリアまで、流れ落ちるような特徴的なボディ形状をしています。どことなく高貴で、エレガントな雰囲気を纏っています。

 

2.メルセデス・ベンツの「戦略的モデル」

「シューティングブレーク」は、Aクラスベースの5車種(「Aクラス」「Bクラス」「CLA(クーペ)」「GLA」)のラインナップの最後を飾る位置付けで、より若い世代へ、ユーザー層を拡大するために市場に投入する

 

いわば「売るためのクルマ」なので、購買意欲をソソる装備が盛りだくさんの車なんですね。このような雰囲気と実用性を兼ね備えた点に満足しているという声が多いみたいです

 

例えば、

・緊急自動ブレーキ

・全車速前車追従型クルーズコントロール「ディストロニック・プラス」

・長距離ドライブ時などで、ドライバーの疲労をセンシングして警告音で注意を促す「アテンションアシスト」

・車線の逸脱をステアリングの振動で知らせる「レーンキーピングアシスト」

・自動開閉テールゲート

・スタートボタンを押して発進出来るキーレスゴー

・駐車スペースをクルマが自動で検知して、自動操舵で駐車してくれる「アクティブパーキングアシスト」

等々、

若者がマイファーストメルセデスとして買ってよかったと感じられる程、お買い得感は高いと思います。

ただし、そんな「戦略的モデル」にありがちな落とし穴がコレ!

 

スクリーンショット 2016-05-31 21.15.49

 

ベースグレードのCLA 180 Shooting Brakeはハロゲンライトが標準!!です。

セットオプションの「ベーシックパッケージ」をつけないとLEDライトになりません!

絶対に付けたほうが良いオプションです。マストですね!

 

「ベーシックパッケージ」 (価格47万円)

・バイキセノンヘッドライト&ヘッドライトウォッシャー

・LEDポジションライト

・LEDウインカー

・LEDリアフォグランプ

・パークトロニック

・アクティブパーキングアシスト

・後席アームレスト

・前席シートアンダーボックス

・後席カップホルダー

・前席シートヒーター

・プライバシーガラス

・キーレスゴー

・EASY-PACK自動開閉テールゲート

 

ベースグレードのCLA 180 Shooting Brake の車両価格は360万円(安い!!)ですが、この「ベーシックパッケージ」をつけると・・・

戦略価格の400万円を上回ってしまうので、わざとオプション設定にしているのでは?と思いますね。

 

・CLAシューティングブレークのグレード構成と新車価格

CLA 180 Shooting Brake 360.0万円〜

CLA 180 Shooting Brake Sports 428.0万円〜

CLA 250 Shooting Brake 492.0万円〜

CLA 250 SPORT 4MATIC Shooting Brake 545.0万円〜

限定モデルでCLA 250 Shooting Brake Orange Art Eddition 567.0万円〜

Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC Shooting Brake Orange Art Eddition 862.0万円〜

 

まあベンツですから高いのは当然ですね〜!と。そんな「戦略的モデル」に気をつけつつ。

 

Gooで中古車相場を調べてみると、さすが人気モデル。やはりまだまだ高値維持ですね。

新車で買っても、それ程変わらないなぁと思います。

 

スクリーンショット 2016-05-31 21.25.04

 

写真が小さくて少しみにくいですが、価格は358万円!中古でいいからいつかはベンツに乗ってみたいです!

 

今回はCLAのシューティングモデルについて主に見ていきましたが、ベンツには今後もさらなるラインナップの充実を期待しちゃいますね!

ベンツのSUVの燃費とCLA?マリオとMLとX6とAクラス?

さて今日は、車好きなら誰もが一度はあこがれる車。メルセデス・ベンツの車について調べてみたいと思います。

 

メルセデス・ベンツの豊富なラインナップの中でも、人気の高いSUVです。

そんなメルセデス・ベンツのSUVといえば、

 

Gクラス、GLSクラス、ML(GLE)クラス、GLCクラス、GLAクラスと5車系ものラインナップがあります。

 

けど、「やっぱりベンツって高級車だし、SUVだと燃費も悪いんじゃないの?」

と思ってしまいますよね?

そこで、調べてみました。

 

SUV各モデルの価格帯と燃費(JC 08モード走行km/L)

Gクラス         897万円~3510万円       8.5~10.3km/L

GLSクラス       1070万円~1500万円      8.2km/L

ML(GLE)クラス  868万円~964万円        12.9km/L

GLCクラス       628万円~796万円        13.4km/L

GLAクラス       344万円~549万円        14~16km/L

 

いかがですか?

例えば、トヨタ ランドクルーザー200と比較すると・・・

価格と燃費は     435万円~692万円        6.7~6.9km/L ですから、

 

スクリーンショット 2016-05-30 22.59.37

 

決して悪くないですよね?

 

中でも一番燃費が良くてコストパフォーマンスが高い車種がコレ!

2014年5月末に正式デビューした新型モデル「GLAクラス」です。

 

スクリーンショット 2016-05-30 22.59.44

 

この「GLAクラス」は、Aクラス系の基本プラットホームを使って作られ、

オールラウンドな走行性能とダイナミックでスタイリッシュなデザインを備えたコンパクトサイズのSUVです。

 

35年以上にわたるSUV開発の歴史の中で蓄積したオフロード技術を凝縮したメルセデス・ベンツの5番目のSUVです。

 

あの懐かしのゲーム任天堂「スーパーマリオブラザーズ」とコラボしたCMが話題になりました。

 

マリオの起用にあたり、メルセデス・ベンツ日本の上野社長は、「マリオはどんな場所でも軽快に走り、そして年代・性別を問わず多くの方に愛されています。

GLAをアピールするのにぴったりのキャラクターだと思いました。」とコメント。

 

さらに、メルセデス・ベンツ日本 マーク・ボデルケ副社長はGLAとマリオの2つの共通点として「GLAもマリオに負けないオールラウンドの走行性能が自慢です。さらに、マリオもメルセデス・ベンツのSUVもお客様から30年以上の長い間愛されています。」とコメントした。

 

 

 

ちなみに・・・

あれ!?この車種見たことある!と思った方、コレですか?

 

「GLAクラス」の1年前に発売されて以来、大人気の「CLAクラス」です。

 

スクリーンショット 2016-05-30 23.00.00

 

確かに! そっくりですよね?ちなみに「GLAクラス」は、見た目の通りオンロード向きのクロスオーバーSUVです。そしてSUVといえばこの話題

 

より本格的なSUVといえば、

2014年9月、メルセデス・ベンツのミドルクラスSUV「MLクラス」がビッグマイナーチェンジを行い、新型「GLEクラス」としてリニューアルされました。

 

スクリーンショット 2016-05-30 23.00.06

 

モデル名の「GLE」は、メルセデスがわかりやすさを重視して採用された新しい名称です。現行の「Mクラス」が「GLE」になるわけですが同時にネーミングの統一も図られました。

GLEクーペは昨今、様々なメーカーが新車種を送り込んでいる「SUVがベースのクーペ」です。クーペといえばこれまではドアが2枚のスポーティな車を意味していましたが、新時代のクーペはこちらのGLEクーペ含め、4枚ドアでセダンのような使いやすさとクーペのような美しいボディスタイル、そしてSUVならではの広い荷室容量や幅広いシーンでの実用性を備えています

 

ターゲットは、このクラスで大人気の「BMW X6」の購入層です。

2014年にフルモデルチェンを受けて2代目となり、日本市場でも好評です。

 

スクリーンショット 2016-05-30 23.00.11

 

2008年1月のデトロイトモーターショーで初公開されたX6は、BMW初のSUV「X5」のクーペ版として誕生しました。

BMWではX6を「スポーツ・アクティビティ・クーペ」と呼んでいます。

これまでの世界累計販売台数はおよそ25万台。

基本メカニズムは新型X5と共用しており、外観は新型X5やX4と同じBMW最新のSUV顔を採用しています。

エンジンは3種類でガソリンエンジン最上級グレードが、「xドライブ50i」。

最大出力450ps、最大トルクは66.3kgmを引き出す。

0-100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)という実力です。

 

どちらも魅力出来ですね〜!どっちもほしいです!そんな数ある名作を生み出すベンツ及びBMW、今後も切磋琢磨してより良い車を生み出してほしいですね!!

清原和博のベンツの車種はモーゼル(mosel)のm65rsでチューニングの画像と写真?中古の価格は?

さて、今回は今話題の清原さんの車について見ていきたいと思います!

 

スクリーンショット 2016-03-15 1.36.08

 

清原和博のベンツの車種はモーゼル(mosel)のm65rsでチューニングの画像と写真?

 

さて、現在なにかと話題の清原和博さんですが、そのなかでも清原さんの車についてみていきましょー!清原さんといえば、プロ野球選手として稼いだお金の大半を大好きな車に惜しげもなくつかう、大の車好きとして有名ですよね。今まで所有してきた車はフェラーリ、ポルシェ、ベントレーなど名だたる高級車で羨ましい限りですね!そのなかの数ある高級車のなかから、清原さんがベンツを売りに出しているとして話題ですね。そのベンツの写真がこちら

 

スクリーンショット 2016-03-15 1.18.31

 

よくみるヤフオクの画面ですね!少し見にくいのでもうすこししっかりとした画像がこちら

 

スクリーンショット 2016-03-16 0.56.18

 

めちゃくちゃかっこいいですねー!!こんないい車を売りにだすなんて清原和博さん、お金に困っているんでしょうか。ちなみにこの売りに出されている車についてのスペックがこちら

 

今回出品されたのは2010年式の黒いメルセデスベンツで車種は「モーゼルM65RS」。モーゼルM65RSとは、メルセデス・ベンツSクラス(S65AMG)をベースに、ドイツのチューンドメーカー「MOSEL(モーゼル)」がチューンした最高出力710馬力のハイパワーモデルで、価格の方も3000万円オーバーとモンスター級の一台だ。

 

3,000万円!チューニング(改造)もされているので、これだけ高いんですね!チューニングは特注みたいなもんですからね〜!さすが、高級車好みの清原さんですね。ただ、上のヤフオク画像でもわかるとおり値段は1,380万円。普通、入札などでは有名人の車は人気だそうですが、この時点では入札が2週間以上なかったそう。やはり、清原さんはいろいろなネガティブな報道もありいいイメージがなかったことが影響しているのかもしれませんね。

 

中古の価格は?

 

さて、そんなモーゼルM65RSですが、清原さんのような有名人ではなく普通に売り出されている中古車価格はどうなんでしょうか。中古車販売の「カーセンサー」ではこんな価格でしたね

 

Sクラス S65 ロング MOSEL M65RS【980.0万円】

 

普通の中古車でもこの価格なんですね!やはりモンスター級です。まあ、中古車の値段は走行距離や外観などの状態にもよりますから一概には言えませんが、それでもやっぱり高いですね。

 

モーゼルM65RSについて見てみましたが、やっぱりいつかは乗ってみたい車です!さらに清原和博さんも今は大変ですが、いつかはまた復活して高級車を乗り回してほしいです!!

ベンツGLAの新型と評判?中古とBMWX1?GLA180と日本価格と値引き?サイズと燃費は?

 

さて、今回はベンツGLAについて見ていきたいと思います!

 

スクリーンショット 2016-05-16 22.21.30

 

ベンツGLAの新型と評判?

 

さて、新型ベンツのGLAが話題ですが、この新型なかなかの評判ですね。その新型の詳細がこちら

 

スクリーンショット 2016-05-16 22.26.51

 

中心モデルとなる「GLA 250 4MATIC」の全長4,430×全幅1,805×全高1,505mmというサイズは、日本での使い勝手も考慮されたもので、機械式駐車場に収まる全高もストロングポイントである。

 

日本での使い勝手が考慮されているのはポイントが高いですよね!やはり日本の道は他国と比べても圧倒的に狭いですし、このような配慮はとても嬉しいです

 

この車、一台の車でも3タイプあるのことですね。標準的なモデルの他にもう2タイプのラインナップがあります。走りを心のままに楽しむスポーツタイプ!山道や悪路なども楽々なオフロードタイプ!自分好みの走り、好きな事をする為のタイプを選べる優れものです。

 

そして気になる評判はというと、流石にスポーツタイプがあるだけに、ハンドリングが良い、内装が豪華など、上々ですね。ベンツで内装が貧相ってなんか嫌ですもんね!ww

 

中古とBMWX1との比較?

 

スクリーンショット 2016-05-16 22.21.37

 

意外に数多くある中古のメルセデスベンツGLA250。

 

2016年製の新型も、売られているようです。車両価格は400~500万円前後、走行距離は1万キロに満たないものまでもあるようです。さすがに内装も外装も機能充実です!HDDナビ、フルセグTV、DVD再生もでき、シートはもちろん本革です。

 

バックカメラ搭載、電動リアゲ―トや18インチアルミなど装備してある中古車が多いみたいですね。もちろん修復歴なし、ワンオーナーなので安心できる内容。新型なので当たり前ですが、車検も30年まであるので手続きもそんなに面倒じゃないのもありがたいです。意外と中古もいい感じですね〜

 

次に、ライバル関係にあるBMWX1との比較について。

 

スクリーンショット 2016-05-16 22.21.47

 

あなたはどちらが好みでしょうか?

GLA250!それともBMWX1!

やはり私はベンツ好きなのでベンツ一択ですが、この二つ本当に競り合っているみたいですね。私の本音を言えばどちらも欲しいですね!ww

 

さて、世間の評判ですが、この二台、内装に関してはベンツGLA250の方が評判がいいみたいですね〜!二つの比較画像がこちら

 

スクリーンショット 2016-05-27 16.34.36

 

左がBMW X1で右がメルセデス・ベンツGLAクラスです。本当に似ていますね!お互い意識しすぎではないでしょうか?wwやはり私は右のベンツが好みですが、これに関しては本当に好みの問題でしょうね!

 

GLA180と日本価格と値引き?

 

GLA180の車両の日本価格は約350万円~450万円です。

 

スクリーンショット 2016-05-16 22.22.06

 

なぜそんな価格に幅があるのかと疑問の思う方もいるかもしれませんね。

それは、GLA180にもタイプがある為です。

標準タイプとスポーツタイプの二つです!

走りはもちろんどちらを選んでも満足するでしょうが、もっと快適に楽しく!と考えるならスポーツタイプですね!その分高くなりますけどねww

次に値引きについてですが、まずびっくりなのが交渉だけで20万円安くなるとのこと!これはその人の交渉力にもよりますけどね!

そして他にも値下げの手段はあり、試乗車や展示車などを狙う事です。できるだけ安く購入したいという方にはそんな車を探してみるのもありですね!

 

サイズと燃費は?

 

次にサイズについて、最初でも触れましたが、GLA 250のスポーツタイプについても見ていきたいと思います!

コンパクトなSUVとして話題のGLA 250 4MATIC スポーツ!

スクリーンショット 2016-05-16 22.22.13

全長4450mm、全幅1800mm、全高1500mm、重量1610㎏

そしてホイールベースは約2700mmとコンパクトクラスのSUVとなっていますね。日本だとやはりコンパクトというのはポイント高いですよね

 

次に、気になる燃費ですが、GLA180の燃費がliter16.0kmであるのに対してGLA250はliter14.0km

重量の違いがあるのでしかたない事ですが、長年乗る予定ならおのずと差が出てくる事でしょうね。しかし、燃費よりも好きな車を選んだ方が後悔しないと思います!やっぱり好きな車にのるのが一番です。排気量はGLA180が1595㏄、GLA250が1991㏄という違いもあるので、燃費よりも快適な走りやパワーが欲しいという方にはGLA250になるんでしょうね〜

 

そんなGLAについていろいろ見てきましたが、ベンツGLAのさらなる進化に期待ですね!!

木村拓哉(キムタク)の愛車はサリーンとシボレーアストロで画像と2012?運転違反?

 

木村拓哉さんといえば、ジャニーズ事務所所属のSMAPのメンバーであり、映画やドラマなど様々な分野で活躍していることで有名ですよね。

 

スクリーンショット 2016-05-15 21.10.44

 

そんなキムタク、車好きとしても有名なんです。そんな車関連のいろんな話題を見ていきたいと思います!

 

木村拓哉(キムタク)の愛車はサリーンで画像は?

 

特に話題になっているのがこちらの車。サリーンS7画像がこちら

 

スクリーンショット 2016-05-15 21.09.14

 

この車はルマン用のレースカーとして販売された車で、初めは一般車両としては販売されていませんでした。

 

そして日本に三台しかない車でもあり、キムタクはその一台の所有者の一人なのです。

このサリーンS7の驚きは、びっくりのお値段!

なんと新車価格は約9000万円。

その理由がこれ?ルマン耐久レース!

 

スクリーンショット 2016-05-15 21.10.17

 

ルマン耐久と聞くだけでファンも多いレースです。

そんな過酷なレースの中、数多くの優勝成績を出してたモンスターマシンなんです。

そしてフェラーリなどに比べると知名度が低い事で、レースのファンか車好きくらいじゃないと恐らく聞いた事さえもないメーカーです。

こんな希少価値の高いスーパーカーを愛車として所有するキムタク。

芸能界ではもちろん、車好きとしても大物ですね!

 

シボレーアストロで2012年の運転違反?

 

下の車が、2012年の3月15日、デイリースポーツでの記事で2011年9月と2012年1月の二度のスピード違反(運転違反)で免停処分を受けた時に乗っていた車、シボレーアストロです。

 

スクリーンショット 2016-05-15 21.10.27

 

このシボレーアストロですが、新車価格は約450万円!これでもキムタク所有の車の中で一番お手頃の車だそうです。なにーー!!どこがお手ごろ!!って感じです!!

 

さすがにこの価格で一番安価なんて言われると、やっぱり住んでる世界が違いすぎると言う事しかできませんね。しかも燃費も悪く、カスタマイズにもお金がかかる車です。

 

しかし、この他にも数多くの高級車を買い揃えるくらいなら燃費を気にしてる場合ではないですね!キムタクの車意外の趣味はサーフィンで有名ですね!そのサーフィン用の車はなんと国産車のトヨタセコイアです

 

トヨタ車のSUVとして販売されていますが、価格は約800万円!そんなトヨタセコイアはとにかくデカイ!

 

スクリーンショット 2016-05-15 21.10.35

 

画像で見る分には伝わらない大きさかもしれません。実車は見た事がありませんが、全長約5000mmって聞くだけでもすごい大きいという事がわかります。幅も高さも約2000mmなのでゆったりと快適で乗り心地が悪いはずもありませんね。内装もフル装備だそうです。

 

その他にも数多くの愛車を所有しており、高級車ばかりですね〜

ハマーH2 

シボレーアストロ

サリーンS7

トヨタセコイア

フォードGT

メルセデスベンツGクラス

これだけで買ったら1億円は余裕でかかりますね。

 

さすがSMAP、そして木村拓哉。

目のつけどころが他の芸能人と違うあたり、人気の秘訣なのでしょうか。

メルセデスベンツやポルシェはよく耳にしたり、テレビで見る事もありますが、キムタクに関しては本当に好きで買っているイメージを持ちます。

有名な車だからといって選んでない!

運転違反をしてもやっぱり国民的アイドル!

 

こんなにも車が好きで容姿もよく、万能な人も世の中なかなかいませんよね〜

車だけでも話題になるのに、表立って自慢する事もないのも大人の魅力であり、木村拓哉の魅力でもあると思います。

以上、キムタクの愛車で話題の車紹介でしたー!